酵素パックのメリットとデメリット

酵素パックのメリットやデメリットなどはないの?


ハリウッド化粧品の酵素パックは幅広い効果を持っていますが、使った時のメリットやデメリットはないの?

 

という感じで気になるかと思います。

 

なので、このページではメリットとデメリットになることを一つずつ書いていきます。

 

デメリット

初めに一番気になる所といえばデメリットですよね。

 

酵素パックを使いたいけど場合によっては他の商品を使うのも手なので、デメリットについて書きます。

 

1回ごとに作るのが面倒


酵素パックの一番目立つデメリットとしてはやっぱり作る事だと思います。

 

2剤のクリームと粉末を混ぜ合わせて、いつでも新鮮な酵素を作るためどうしても1回やるたび作らないといけないのが面倒です。

 

これに関しては口コミでも指摘されていて面倒だと思う方が多くいました。

 

お肌のトーンが明るくなりにくい


一応ハリウッドの酵素パックはお肌のトーンも明るくなるように作られているようですが、正直な話をするとお肌のトーンが明るくなりにくいです。

 

明るくなった方もいるようなのですが私的には、お肌のトーンを明るくする目的だけであれば、他の商品を買ったほうがいい感じですね。

 

 

デメリットに関しては他に探してもこの二つですね。

 

この二つのデメリットが嫌だった場合は他の商品で試すほうが無難ですね。

 

 

メリット

 

つづいてメリットについてお話します。

 

1回使うだけでもっちり肌を実感できる


一番最初につかって目に見えて効果を実感するのがもっちり肌です。

 

普通はそこまで目に見えて実感はしないのですが、酵素パックに限っては結構実感します。

 

使う人にもよるかもしれませんが、私も口コミでも一回で実感できるという方が多いので、この情報は確かだと思います。

 

角質や角栓・ニキビにも効果あり


古くなった角質や毛穴の汚れなどをしっかり取ってくれます。

 

個人差にもよりますが、私は2〜3回目から角質や汚れが落ちていることを確認できました。

 

古い角質や角栓を取ってくれるので当然ニキビにも、いちご鼻にも効果があります。

 

顔以外にも使える


ハリウッドの酵素パックは顔以外にも使えます。

 

背中ニキビにも、足のかかと・手の甲まで使えてるので顔目的でなくても大丈夫です。

 

なので結構万能だったりするんですよね。

 

冬場になれば手の甲や足のかかとに使ってひび割れ対策になり便利です。

 

 

他の商品と比べてみて


ハリウッド酵素パックと人気商品であるキヌコモイスチャーゲルの違いを見てみようと思います。

 

それではモイスチャーゲルと酵素パックの違いはこれです。

 

違い1 短時間ケア
違い2 お肌のトーンが明るくなりやすい
違い3 UVカットに使える
項目名 角栓や古い角質を取ることはできない

 

酵素パックとモイスチャーゲルを比べて一番分かりやすいのが、短時間とお肌のトーンですね。

 

モイスチャーゲルに関しては時短ケアと呼ばれているくらいで、すぐにケアが終わります。

 

どうしても忙しくて時間をかけてられない方でお肌トーンを明るくしたい場合は使ったほうが良いのかもしれません。

 

そしてモイスチャーゲルには【シルクナノフィブロイン】を配合しているため、UVカットもできます。

 

夏場の日焼け対策とかに最適ですね。

 

しかし、酵素パックみたいに角栓や古い角質を取るものではないので、ニキビやいちご鼻などに悩んでいる方は酵素パックを使ったほうがいいです。

 

そして、もっちり肌に関しても新鮮な酵素が作れる酵素パックのほうが実感しやすいので私的には酵素パックをオススメします。

 

まとめ

 

酵素パックとモイスチャーゲルの違いを見てみましたが結論を言いますと、

 

もっちり肌の実感、古い角栓や角質を取りたい場合は酵素パック

 

お肌のトーンアップ、時短ケアをしたい場合はモイスチャーゲル

 

というのが私の結論です。

 

お肌の悩みにより変えてみることをオススメします。